■HARCOライブミニレポート

ワンマンライブ「HARCO LIVE TOUR 2006 "Wish List"」
2006.03.24Fri@原宿アストロホール

(2006.4.11
掲載)

レポート目次へ戻る


 2006年3月24日(金)、HARCOさんのワンマンライブ「HARCO LIVE TOUR 2006 "Wish List"」@原宿アストロホール、行ってきました。
 ワンマンライブを拝見するのは初めてだったが、ステージ上も客席も、すごく熱気があって、その場にいることができたのがすごく幸せだった。

 一曲目、HARCOさん弾き語りの「春、間近」、二曲目の青木美智子さん(Quinka,with a Yawn)とのデュエット「愛を誓おう」は、歌い上げるような曲調もあってか、なんだか緊張感が漂う。しかしその後のMCではいつものHARCOさんらしい雰囲気。自らおっしゃっていたが、かなりテンションが高め。歌も、ミニアルバム三部作を中心に、どれもこれもよかったし、MCも楽しかった。

 その場でサンプリングしたリズム(セロテープなどの文房具を使ったので「文房具(グ)ルーヴ」)に合わせた「サプリメント」は、「やっぱりこの人はすごい!」と改めて思った。他にも、「カーブミラー」、「国境のジェントルマン」、「椿」など、個人的に好きな曲も聴けてうれしかった。
 MCで、「works」の発音に会場から笑いが出たのに、「ボニー・ピンクや坂本美雨ちゃんが『works』って言っても笑われないのだろうに」と反応したことや、原宿は春休みで若い人が多いから、洋服屋と思って来た子たちのために中学生料金を用意しようと思ったという話とか、面白かったなあ。

 ラストの「愛されたいから」では、最後にジャンプしてキーボードを叩き、更にはキーボードを倒してしまうという盛り上がりっぷり。
 その後のアンコールでのMCでも興奮覚めやらずという感じで、「ソングバード」では客席も一緒に大合唱。一番最後は、大阪バナナホールで披露したイナバウアー(元々はバナナの真似だったらしい)も飛び出すサービスっぷりでした。

 HARCOさんの曲は、CDもいいのだが、やっぱりライブで聴くのもいいなあ。また、ライブ行きたいです。

 バンドメンバーを公式サイトを参考に紹介します。下記の通り。
・HARCO(ボーカル・キーボード)
・須藤俊明(from「GOMES THE HITMAN」、ベース)
・青木美智子(from「Quinka,with a Yawn」、キーボード・コーラス)
・笹井享介(from「ゲントウキ」、ドラム)
・石坂義晴(from「advantage Lucy」、ギター)

 記憶している曲目は下記のとおり。順不同です。もれている曲もあると思います。披露されていないけれど勘違いして入れている曲は、多分ないと思います。

・春、間近
・愛を誓おう
・サプリメント
・カーブミラー
・椿
・お引越し
・Night Hike
・君の髪にふれたい
・国境のジェントルマン
・江の島ラプソディ
・スクラップブック
・winter sports rainbow
・世界でいちばん頑張ってる君に
・ジャングルクルーズ
・愛されたいから
(アンコール)
・ソングバード
・ナズナの茶漬け


(参考)
・HARCO公式サイト ハルコレート http://www.harcolate.com/
・HARCOさんの主なCD(今手に入るものを中心に):リンク先はAmazon.co.jpの紹介ページ

・HARCO『Pool』(1997年)

・HARCO『江ノ島ラプソディ』(1999年)

HARCO・HARCO『HARCO』(2002年)

winter sports rainbow (CCCD)・HARCO『winter sports rainbow』(2002年)

Ethology・HARCO『Ethology』(2004年,COAR-0030)

Night Hike・HARCO『Night Hike』(2005年,COAR-0036)

世界でいちばん頑張ってる君に・HARCO『世界でいちばん頑張ってる君に』(2005年,MTCA-3006)

・HARCO『Wish List』(2006年,COAR-0043)


レポート目次へ戻る


inserted by FC2 system