木の葉燃朗のがらくた書斎 >> 燃朗のがらくた古本日記 >> 2008年9月

燃朗のがらくた古本日記

「古本日記」目次へ戻る

2008年9

【目次】

2008.09.03(水) 秋葉原と御茶ノ水でCDを買う。

2008.09.05(金)  新宿でCDを買う。

2008.09.07(日) 三軒茶屋で、ライブの出演者のCDを買う。

2008.09.10(水) iPodに使っていたイヤホンが断線したので買ってくる。

2008.09.11(木) 我が家にVistaがやって来た

2008.09.12(金) 久々に池袋へ

2008.09.15(月) 横浜・黄金町で映画を見て、古本を買う。

2008.09.17(水) 倉橋ヨエコさんのベストアルバムが届く

2008.09.20(土)  欲しかった本と気になっていた本を1冊ずつ購入。

2008.09.21(日) 夢の島競技場(新木場)でサッカーを見てから、銀座へ。

2008.09.22(月)  御茶ノ水でCDとマンガを買う。

2008.09.24(水) 雑誌『テレビブロス』

2008.09.26(金) 仕事は休みだったが、所用があり四谷へ。帰りに赤坂まで歩いてみる。

2008.09.27(土) 渋谷のタワーレコードでCDを買って、青山のライブハウスへ。

【広告】

2008.09.03(水)

 今日発売のCDに欲しいものがあったので、秋葉原のタワーレコードへ探しに行く。
 しかし、見つからず(入荷すらしていないとは!)。棚を見ていたら、別に欲しいCDがあったので買ってくる。

タワーレコード 秋葉原店にて

totos『roommate』(XQER-1003) @TOWER.JP

1.1.2.3
2.From Now
3.Film
4.Tears No Reply
5.Natural Water
6.Sweet Dream
7.good night
8.What Did You Say? Gerard ?
9.For You
10.P.S I Love You
11.You Dissapointed Me (Mono)
12.僕の猫
13.Thank You For Good-Bye
14.Ticket
15.Set Me Free

 totos(トトス)は前にライブを見ていて、その時も良かったのでミニアルバムを買っていた。フルアルバムが発売されていたのだが、すっかり買うのを忘れていました。
 ということでここで購入。

『これがSHM-CDだ! クラシックで聴き比べる体験サンプラー』(UCCG-9869) @TOWER.JP

1. : オルフ: カルミナ・ブラーナ 〜おお、運命の女神よ /ヨッフム(指揮)、ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団&管弦楽団
2. : ベートーヴェン: 交響曲 第7番 〜第4楽章 /クライバー(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
3. : R.シュトラウス: 交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯》 /カラヤン(指揮)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
4. : J.シュトラウス1世: ラデツキー行進曲 /小澤征爾(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
5. : ワーグナー: ヴァルキューレの騎行 /ショルティ(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
6. : サン=サーンス: 交響曲 第3番《オルガン》〜第2楽章第2部 /デュトワ(指揮)、モントリオール交響楽団
7. : モーツァルト: レクイエム 〜涙の日 /ベーム(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
8. : J.S.バッハ: マタイ受難曲 〜終結合唱 /リヒター(指揮)、ミュンヘン・バッハ合唱団、管弦楽団
9. : リスト: ピアノ協奏曲 第1番 〜第1楽章 /アルゲリッチ(ピアノ)、クラウディオ・アバド(指揮)、ロンドン交響楽団
10. : シューベルト: ピアノ五重奏曲《ます》〜第4楽章 /エミール・ギレリス(ピアノ)、アマデウス弦楽四重奏団
11. : マーラー: 交響曲 第5番 〜アダージェット /バーンスタイン(指揮)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 「SHM-CD」という、新しい高音質CDができたらしい。高音質のCDというとSACDが知られていますが、SHM-CDは既存のCDプレイヤーで聴けることがポイント。
 このCDは、同じマスター音源を従来のCDとSHM-CDのそれぞれに録音したものの二枚組。聴き比べてみてくださいってことらしい。値段も手頃だったので、買ってくる。

 せっかく秋葉原のヨドバシカメラに着たので、有隣堂にもよる。本の購入は在りませんでしたが、えい文庫の目録をもらう。「えい」は漢字では「木世」と書くのですが、これ、パソコンでは出てこないのです。

 とはいえ、欲しいCDは欲しかったので、御茶ノ水のディスクユニオンにも行ってみる。しかし、お茶の水駅前店にはありませんでした。もしかしたら神保町店にはあったかもしれないが、明日仕事だし、そこまでの余裕がないため、後日買うことにする。

 せっかく御茶ノ水に着たので、ディスクユニオンのクラシック館とロック館にも寄る。ロック館で買い物。

ディスクユニオン お茶の水ロック館にて

The Beatles『Beatles For Sale』(Capital・46438) @TOWER.JPAmazon.co.jp

1.No Reply
2.I'm A Loser
3.Baby's In Black
4.Rock And Roll Music
5.I'll Follow The Sun
6.Mr. Moonlight
7.Kansas City / Hey, Hey, Hey, Hey
8.Eight Days A Week
9.Words Of Love
10.Honey Don't
11.Every Little Thing
12.I Don't Want To Spoil The Party
13.What You're Doing
14.Everybody's Trying To Be My Baby

The Beatles『Help!』(Capital・46439) @TOWER.JPAmazon.co.jp

1.Help
2.Night Before, The
3.You've Got To Hide Your Love Away
4.I Need You
5.Another Girl
6.You're Going To Lose That Girl
7.Ticket To Ride
8.Act Naturally
9.It's Only Love
10.You Like Me Too Much
11.Tell Me What You See
12.I've Just Seen A Face
13.Yesterday
14.Dizzy Miss Lizzie

 先日から集め始めたビートルズのオリジナルアルバムをまた二枚買う。

Electric Light Orchestra『タイム』(SRCS-9849) @TOWER.JPAmazon.co.jp

1.プロローグ
2.トワイライト
3.ロストワールド2095
4.チケット・トゥ・ザ・ムーン
5.タイム・トラベラー
6.孤独のスペース・シップ
7.さらばロンリー・レイン
8.エンド・オブ・ザ・ワールド
9.ライツ・ゴー・ダウン
10.ヒア・イズ・ザ・ニュース
11.21世紀の男
12.ホールド・オン・タイト
13.エピローグ
14.バウンサー
15.ホエン・タイム・ストゥッド・スティル
16.ジュリー・ドント・リヴ・ヒア

 そしてなぜかELO。気にはなっていたのです。何年か前のドラマで「Twilight」が使われたことは覚えていたし、ニューウェーブ、エレ・ポップのディスクガイドでも名前が上がることのあるアルバムだったので。

 そういえば、ディスクユニオンのビニール袋の材質が変わっていました。これまではやや厚みのあるふにゃふにゃしたタイプでしたが、シャリシャリしたビニールになっていた。ふにゃふにゃタイプよりもシャリシャリタイプの方が安いんです。どこも経費を削るのに大変なのだろうということを、いちサラリーマンとして感じてしまった。

 そして家に帰ったら、定期購読している雑誌が届いていました。

 雑誌『ゲームサイド 2008年10月号』(マイクロマガジン) 楽天ブックスAmazon.co.jp

 特集はメガドライブ(カートリッジ編)。メガCDのソフトは除いているが、それでもかなりのボリューム。そして、メガドライブが好きな人は当時から遊んでいる人(記事を書いているライターさん)も開発者(「バトルマニア」開発者インタビューあり)も熱い! 久々にメガドライブを引っ張り出して遊びたくなってきた。あのやたらノイズ音のする本体で。

▲ページの一番上へ

2008.09.05(金)

 午前中に、注文していたDVDが届く。

『夢路いとし喜味こいし 漫才傑作選 ゆめ、よろこび しゃべくり歳時記』(SSBW-8171)Amazon.co.jp@TOWER.JP楽天ブックス

 いとし・こいしのDVDボックス。先日、こいし先生の回顧録(下の本)を読んだので、ふたりの漫才を見たくなって。ちょっと値は張りましたが(五枚組だから一枚あたりで考えれば安いけれど)、思い切って買いました。

喜味 こいし著・戸田 学聞き手『いとしこいし想い出がたり』(2008年6月・岩波書店・ISBN : 978-4-00-022164-1) オンライン書店bk1Amazon.co.jp楽天ブックス

 午後は新宿へ。夜に東京オペラシティコンサートホールで「OTTAVA 1st.Anniversary あの名曲シリーズ 古澤 巌&東京フィル 〜ヴァイオリン・オペラ小品名曲集〜」を聴いたのだが、その前に新宿で買い物(ちなみにコンサートの感想はこちら)。

・ヴィレッジヴァンガード・ルミネ新宿にて

アレッポの石鹸 ノーマル・タイプ 200gアレッポの石鹸 ノーマル・タイプ 200g Amazon.co.jp

 かれこれ2年使っている石鹸。オリーブオイルで作られていて、髪の毛も洗えるし、さっぱりするので、最近は他の石鹸やシャンプーは使わずにもっぱらこれを使っている。

・タワーレコード新宿店にて

徳永憲『裸のステラ』(NGCS-1003) @TOWER.JP

 欲しかったのだが、一部のCDショップで見つけられなかった徳永憲さんの新譜を買う。
 歌詞も印象的だし、アレンジもホーンが使われていたりしてポップだけど深いアルバムになっている。

1.アイドル誕生のテーマ
2.恋の未完成
3.インマイライフ!(あのねの歌)
4.裸のステラ
5.星は揺れる
6.だから、存在して
7.君ははぐれている
8.21世紀ソング
9.エヴリー
10.途方もないから
11.いつか目覚める革命家のように
12.おあいにくさま

・ディスクユニオン新宿中古センターにて

 新宿の、紀伊國屋書店の隣にあるディスクユニオン、ちょっとリニューアルしていた。8階にクラシックの中古とオーディオ機器のフロアが出来て、3階は洋・邦の中古フロアに。
 今日は3階でビートルズの中古盤を買う。

Let It BeThe Beatles『Let It Be』(EMI・CDP 7 46447 2) Amazon.co.jp@TOWER.JP

1.トゥ・オブ・アス
2.ディグ・ア・ポニー
3.アクロス・ザ・ユニバース
4.アイ・ミー・マイン
5.ディグ・イット
6.レット・イット・ビー
7.マギー・メイ
8.アイヴ・ガッタ・フィーリング
9.ワン・アフター・909
10.ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
11.フォー・ユー・ブルー
12.ゲット・バック

Magical Mystery TourThe Beatles『Magical Mystery Tour』(EMI・CDP 7 48062 2) Amazon.co.jp@TOWER.JP
1.Magical Mystery Tour
2.Fool On The Hill, The
3.Flying
4.Blue Jay Way
5.Your Mother Should Know
6.I Am The Walrus
7.Hello Goodbye
8.Strawberry Fields Forever
9.Penny Lane
10.Baby You're A Rich Man
11.All You Need Is Love

▲ページの一番上へ

2008.09.07(日)

 昼・夜と、二本ライブを見る。その感想は下記で。

[ライブ]ワイキキ・フィリアとカフェロックVol.3@三軒茶屋Rain on the roof
[ライブ]「Switched On!」 @吉祥寺 Bar Drop(Live*MOTOCOMPO*Hazel Nuts Chocolate*ロラ・コルピ*Candles)

 夕方から大雨になり、三軒茶屋から吉祥寺に行こうとしたら、渋谷に行くための東急線が止まってしまう。仕方ないので、バスで渋谷に出て、そこから井の頭線。そんなこんなの日曜日。

 三軒茶屋で、ライブの出演者のCDを買う。

オカネモンスターオカネモンスター『OKANE MONSTER』

  1. We dare not make a asound
  2. what a really carry out on your birthday
  3. demo#35
  4. welcome wonderful first
  5. ok!anneIReallyCarryOutYourMonster
  6. I don't want to clap my hands

 オカネモンスターというのは、ELEKIBASSのボーカル・ギター、サカモトさんの弾き語りソロユニットの名前。この日はオカネモンスター名義での出演だった。エレキベースとはまた違ったしっとり感もあって、こういう曲もいい。エレキのバンド形式では、やはりにぎやかな方が好きだけれど。

▲ページの一番上へ

2008.09.10(水)

 iPodに使っていたイヤホンが断線した。2000円前後の価格帯のものを消耗品と割り切って使っているので、これは致し方なし。
 次はどんなイヤホンにしようかと、ネットで検索して物色。どうやら、オーディオテクニカの商品がコストパフォーマンスがいいらしいので、買ってくる。

『オーディオテクニカ 密閉型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK32 RD』 オーディオテクニカ  Amazon.co.jp@TOWER.JP楽天市場

 「カナル型」という、耳の中にゴムの部分を押し込むタイプ。この感触に違和感がある人は使いづらいだろうが、私は問題なし。むしろはずれにくさや音の聴こえやすさ(周囲の音の入りにくさ)から気に入っている。

 あと、水曜なので恒例の『テレビブロス』も買う。

080910tvbros雑誌『テレビブロス 2008年9月13日号』  表紙の写真の女性は、「歯の矯正」という一点だけで、勝手にライターの森知子さんだと予想していたが、違った。

 気になった部分を。

・音楽コーナーでの、バルカン・ビート・ボックス(イスラエル)とゴーゴル・ボルデーロウ(ウクライナ)へのインタビュー。それぞれの民族音楽経由のダンスミュージックを演奏する2バンド。

NU-MADE[Remixes & Videos](DVD付)
バルカン・ビート・ボックス
プランクトン (2008-06-15)
売り上げランキング: 22295

 

スーパー・タランタ!
スーパー・タランタ!
posted with amazlet at 08.09.11
ゴーゴル・ボルデーロウ
インディーズ・メーカー (2007-08-22)
売り上げランキング: 69263

 

・音楽コーナーでレビューされているジョンとポール(人を食ったユニット名だ)のアルバム「“SINGS”+“Moonwalk”」が気になる。ガーシュウィンなどのジャズを前衛的に演奏した音源と、それを逆回転にした音源の二枚組。ってなんだそりゃ。
“SINGS”+“Moonwalk”(Amazon.co.jp)

・もうひとつ音楽コーナーで紹介されているI am Robot and Proud(アイ・アム・ロボット・アンド・プラウド)のニューアルバム。私は3枚目のアルバムのメロディーのきれいなエレクトロニカという雰囲気が好きなので、気になる。10月に東名阪で来日公演が行われるとのこと。

アップヒル・シティ
アップヒル・シティ
posted with amazlet at 08.09.11
I am Robot and Proud
Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M) (2008-09-17)
売り上げランキング: 341

 

・映画コーナーの「石内尋常高等小学校 花は散れども」(新藤兼人監督)がちょっと気になる。
石内尋常高等小学校 花は散れども

・「ムー一族」のDVD-BOXも気になるぞ。

ムー一族 DVD-BOX 1
ムー一族 DVD-BOX 1
posted with amazlet at 08.09.11
TCエンタテインメント (2008-09-03)
売り上げランキング: 818

 

ムー一族 DVD-BOX 2
ムー一族 DVD-BOX 2
posted with amazlet at 08.09.11
TCエンタテインメント (2008-10-03)
売り上げランキング: 774

 

・ハギワラマサヒトさんの連載「わらしべマッドサイエンティスト」で紹介されている、東京台場のソニー・エクスプローラサイエンスも気になる。ソニーのサイエンス・ミュージアム。茂木 健一郎先生(髪の毛もしゃもしゃ)もここの研究員です。 
Sony ExploraScience | ソニー・エクスプローラサイエンス

編集部からこんにちは

チワッス!いつもTVBros.を読んでいただきアザーッス!今号のブロスでは愛される後輩になるための『後輩力とその強化方法』について特集したッス。ここ一番に強い人って、やっぱ後輩時代にとことん揉まれた人だと自分的にも思うんですよね・・・な、生意気いってスイマセン。それと、待望の新作『アキレスと亀』について北野武監督にインタビューもいたしやした。映画について笑いについて、おなじみの北野節が炸裂してるッス。是非、読んで欲しいッス。巨匠となった今でも、下らないことができる武先輩は俺たち後輩の永遠の憧れッス。表紙は、これまた愛すべき後輩『アグリー・ベティー』のベティが目印。そんな今号のブロスもどうぞ宜しくお願いしまッス!
最新号
2008年9月13日号(2008年9月13日〜2008年9月26日)
2008年9月10日(水)発売 特別定価200円
■進化し続ける巨匠・北野武特集
新作映画『アキレスと亀』について北野武監督と青年期の主人公を演じた柳優怜さんにインタビュー。
■カムバック体育会!後輩力を強化せよ!
後輩としての振る舞いを学ぶテストや、最強の後輩力育養成機関たけし軍団・ダンカンさんのインタビューなど。
■ベティに学ぶスゴ腕編集者になる方法
「アグリー・ベティー」(DVD絶賛発売中)の魅力と主人公ベティから編集者としての生きざまについて考える。

(出版社の紹介ページより)

▲ページの一番上へ

2008.09.11(木) 我が家にVistaがやって来た

 家族用のPCとして、下記の機種を買う。

日本HP Pavilion Notebook PC dv9800_CT 夏モデル
http://h50146.www5.hp.com/products/portables/personal/dv9800/

 我が家ではじめてのWindows Vista搭載機。早速基本的なセットアップをする。まずはリカバリ用のディスクを作成。
 しかし、DVD-R2枚へのバックアップという、想像以上の容量にちょっと驚く。作業をしながら、家族の「とりあえず、朝御飯を食べよう」のアドバイスで、リビングの真ん中にパソコンを置いたまま、その周りで朝飯を食うという、我が家始まって以来の奇妙な光景に。なにしろパソコンラックにデータ移行前の旧パソコンを置いたままだったし、なるべく広い場所でセットアップをしようとしたので。

 しかし、その後はネットの設定もプリンタとの接続も、ウィザードに沿って作業をしたら問題なく完了。せいぜいネットとワープロくらいにしか使わないマシンなので、動きが遅いという印象もない。Vistaの使い勝手が悪いというのも、今のヴァージョンなら当てはまらないのではなかろうか。リリース直後は不具合が発生したのかもしれないけれど。

 むしろ、新たにインストールした一太郎の使い勝手の微妙な違いに、家族が悪戦苦闘。そして質問された私も、ずっとWordを使っているので、基本的な操作が分からず悪戦苦闘。ただ、しばらく使えば一太郎の新バージョンにも慣れて、慣れれば使い勝手はいいらしい。

▲ページの一番上へ

2008.09.12(金)

 この日は池袋の東京芸術劇場へコンサートを聴きに行く。

 少し早く着いたので、西武のリブロやloftをちょっと覗く。しかし、池袋はなんとなく苦手。それは多分、駅に直結した百貨店があまりに大きいので、自分が今どこにいるのか分からなくなるからではないかと思う。新宿・渋谷・東京なども大きな駅ビルはあるけれど、それに比べても池袋は大きい。一度表に出て隣の建物へ、というのであれば、なんとなく空間が把握できるのだけれど、改札が地下で、そこからずっと駅ビルを歩くから不安になるのかもしれない。
 渋谷や新宿よりも、我が家からは近いので、便利ではあるのだけれどね。

 それから、P'PARCOのタワーレコードへ。ここで1枚CDを買う。

タワーレコード 池袋店にて

V.A.『これがSHM-CDだ! ジャズで聴き比べる体験サンプラー 』(UCCU-9626) @TOWER.JP

1.オール・オア・ナッシング・アット・オール/ジョン・コルトレーン
2.コルコバード/スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
3.酒とバラの日々/オスカー・ピーターソン
4.ホワッツ・ニュー/ヘレン・メリル
5.マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ/ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン
6.エリノア・リグビー/ウェス・モンゴメリー
7.この素晴らしき世界/ルイ・アームストロング
8.波/アントニオ・カルロス・ジョビン
9.おいしい水/アストラッド・ジルベルト
10.星影のステラ/アニタ・オディ
11.ライムハウス・ブルース/キャノンボール・アダレイ
12.グリーン・スリーヴズ/ケニー・バレル
13.我が恋はここに/ビル・エヴァンス

 現状のCDプレイヤーで聴ける高音質CDのサンプラー。先日クラシック編を購入したのですが、ジャズ編も出ていることを知り、購入。
 ちなみにロック編もあります。

 

▲ページの一番上へ

2008.09.15(月)

 この日は横浜の黄金町に、映画『美式天然』を見に行ってくる(その感想はこちらに)。映画の後、黄金町のそばの古本屋ヱビスIIで古本を買う。どこに行っても時間が許せば古本屋に立ち寄るのは、もはや本能に近いかもしれない。

・ヱビスIIにて

町田忍_路上ポップドールの秘密 町田 忍『路上ポップ・ドールのひみつ』(1998年、扶桑社)

 「路上ポップ・ドール」というのは、店の前にある、比較的大きな(1mくらいの高さの)マスコット人形のこと。不二家のペコちゃんとか佐藤製薬のサトちゃんなどがある。
 そうしたマスコット人形についての資料を収集した本。写真も多数掲載されている。

▲ページの一番上へ

2008.09.17(水)
@TOWER.JPより

倉橋ヨエコ『終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008』(VICB-60035) @TOWER.JPAmazon.co.jp楽天ブックス
<DISC-1>
1. 感謝的生活/2. 聴こえたから/3. 過保護/4. ままごと/5. 盗られ系/6. ラブレター/7. 夜な夜な夜な/8. 梅雨色小唄/9. 人間辞めても/10.恋の大捜査/11.流星/12.迷い猫/13.東京/14.白い旗/15.はないちもんめ
<DISC-2>
1. 楯/2. 卵とじ/3. 夏/4. ラジオ/5. 損と嘘/6. 涙で雪は穴だらけ/7. 桜道/8. 今日も雨/9. 白の世界/10.蛙の歌/11.鳴らないピアノ/12.依存症〜レッツゴー!ハイヒール〜/13.処方箋/14.輪舞曲/15.ジュエリー
■初回生産特典「或る歌手が廃業するまで」(自伝小冊子)

 倉橋ヨエコさんのベストアルバム。いつもはCDショップに買いに行くが、今回はネットで注文する。なんとなく、予約が多い方が初回出荷数も多くなるのではないかと思ったので。

 倉橋さんのCDは、オリジナルアルバムは全部持っているが(コンピレーションやノベルティは一部持っていない)、あらためて年代順に曲を聴くと、色々なことを思い出す。初めて聴いたアルバムの曲とか、ライブに行き始めた頃の曲とか、インディーズからめジャーへ変わる時期の曲とか。

 これは倉橋さんの決断を悪く言う意図はないのだが、やはり引退されてしまったことが悔やまれる。

 さらなる感想はAmazon.co.jpにレビューを投稿したので、ここにも引用しておこうと思う。

様々なアレンジで彩られた、歌うことへの情熱

 2000年のデビューから、2008年の引退まで、倉橋ヨエコの8年間の楽曲を収録したベスト盤。

 年代順に、数曲ずつ収録されている。改めて聴き直すと、曲がつくられた時期ごとに魅力があることを感じる。
 日常にふと思うようなシンプルな歌詞とメロディーを、手の込んだピアノのアレンジで彩る初期作品、ネガティブな歌詞の世界をジャズや歌謡曲のアレンジでハイテンションに歌い上げる中期、メジャーデビュー後の、幅広いジャンルを取り入れて更に親しみやすくなった楽曲たち。それぞれによさがあるが、いずれも聴けば倉橋ヨエコらしいと感じるメロディー、歌詞、アレンジになっている。デビュー当時から彼女の芯にあったであろう、歌うことへの思い(情熱)はぶれていなかったのだと感じる。

 倉橋ヨエコのファンの方へ、年代順に聴きなおすと、色々なことを思い出すだろう。もしも収録された新曲の少なさに購入を躊躇しているとしたら、それはもったいないと思う。

 このアルバムで初めて倉橋ヨエコを知った方へ、他にもまだあなたの好みにあった曲がたくさんあるはずなので、ぜひこれまでリリースされたアルバムも聴いて欲しい。

 まだ倉橋ヨエコを知らない方へ、2000年代、日本には独特の世界を持った、素晴らしいシンガーソングライターがいた。このアルバムでそのことを知ってもらえれば、一人のファンとして嬉しい。

▲ページの一番上へ

2008.09.20(土)

 仕事帰りに、ふと欲しい本があったのを思い出し、書店へ。無事欲しい本を購入し、気になっていた本が出ていたのを知り、これも購入する。

スペース・オペラの書き方―宇宙SF冒険大活劇への試み (ハヤカワ文庫JA)野田 昌宏『スペース・オペラの書き方―宇宙SF冒険大活劇への試み』 (ハヤカワ文庫JA)  Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

 先日亡くなられた野田昌宏氏の著作。以前文庫化されたものが復刊された模様。先日『スペース・オペラの読み方』を読んで面白かったので、対をなすこちらも読んでみたくなり購入。
 「書き方」とはあるが、書く技法に限らず、スペースオペラを初めとするSF小説の紹介なども含まれた内容。

野田 昌宏著『スペース・オペラの読み方』(2008年8月・ハヤカワ文庫 JA・ISBN : 978-4-15-030932-9) オンライン書店bk1Amazon.co.jp楽天ブックス

テルちゃん玄侑 宗久『テルちゃん』(新潮社) Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

 新潮社のメールマガジンの新刊情報を読んでから気になっていた小説。タイトルにある「テルちゃん」というのは、エテルという女性の通称。彼女はフィリピンから日本に嫁いできたが、旦那さんが亡くなり、それでも嫁ぎ先でみんなに愛されながら暮らし、という話らしい。
 玄侑 宗久氏は現職の禅宗の住職でもある。エッセイは読んだことがあるのだが、小説は初めて。

▲ページの一番上へ

2008.09.21(日)

 昼間は雨の中、夢の島競技場(新木場)でサッカーを見る。下記の試合(リンク先はブログに書いた感想)

なでしこリーグ今期初観戦:9/21・ディヴィジョン1第14節・日テレ・ベレーザ対TASAKIペルーレ

 試合を見てから、有楽町線で銀座へ。伊東屋、有楽町の無印良品・東急ハンズ・三省堂書店と回ってくる。伊東屋では手帳用を止めるためのバンドを買い、三省堂では下記の本を買う。

21世紀のポップ中毒者川勝 正幸『21世紀のポップ中毒者』(白夜書房) Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

 川勝 正幸さんのコラムを集めた「ポップ中毒者」シリーズの第三弾。定期的に読んでいるのは『TV Bros.』の連載くらいなので、他の媒体に発表された文章なども気になっていて、購入する。

おのぼり物語(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)カラスヤサトシ『おのぼり物語』(竹書房バンブーコミックス) Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

 四コママンガ『カラスヤサトシ』シリーズでおなじみのカラスヤさんが、2002年に上京してきてから、2004年頃までの日々を描いている。
 カラスヤさんのマンガは、プライベートや思い出が赤裸々に描かれていて、そこに面白さとともに迫力を感じるのだけれど、このマンガはさらに赤裸々に描かれている。色々と大変なことがあったんだと思い、ますますカラスヤさんを応援したくなる。

▲ページの一番上へ

2008.09.22(月)

 ヴィレッジヴァガードで買おうと思っていたマンガがあり、御茶ノ水へ。そうなると、当然CD屋も覗くことになる。

●ディスクユニオン お茶の水クラシック館にて

ドミトリ・ヤブロンスキー(指揮)・ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 ・エカテリーナ・サランツェヴァ(ピアノ)『日本作曲家選輯 Vol.8 大澤壽人:ピアノ協奏曲「神風協奏曲」、交響曲第3番』(Naxos) @TOWER.JPAmazon.co.jp
大澤壽人
 ピアノ協奏曲第3番変イ長調「神風協奏曲」 (第1楽章〜第3楽章)
 交響曲第3番(第1楽章〜第4楽章)

 ナクソスには「日本作曲家選輯」という、日本でもあまり知られていない日本の作曲家を中心にしたシリーズがあり(ただし、武満徹・伊福部昭・黛敏郎他著名な作曲家の作品もある)、このシリーズは気になって手が伸びる。「ピアノ協奏曲第3番は、少なくともプロコフィエフのピアノ協奏曲がもう1曲増えたと言えるほどの充実度」と書かれた帯を読むと、手を伸ばさずにはいられない。
 ちなみに「神風協奏曲」 の「神風」は、特攻隊とは無関係で、前線の民間の飛行機「神風号」(朝日新聞社所有)に由来しているとのこと。

●ジャニス2

Fairground Attraction『The First of a Million Kisses』 Amazon.co.jp@TOWER.JP
1.A Smile in a Whisper
2.Perfect
3.Moon on the Rain
4.Find My Love
5.Fairground Attraction
6.The Wind Knows My Name
7.Clare
8.Comedy Waltz
9.The Moon Is Mine
10.Station Street
11.Whispers
12.Allelujah
13.Falling Backwards
14.Mythology

 Fairground Attraction(フェアグラウンド・アトラクション)の唯一のアルバム。このアルバムについて言及している人がみな激賞といっていいほど高い評価だったので、随分前から気になっていたけれど、なかなか手に取ることがなかった。それが不意に見つかったので買うことにする。

Suzanne Vega(スザンヌ・ヴェガ)『SOLITUDE STANDING(孤独(ひとり))』 ポリドール  Amazon.co.jp@TOWER.JP
1.トムズ・ダイナー
2.ルカ
3.鉄の街
4.瞳
5.夜の影
6.孤独(Night Vision)
7.カリプソ
8.ことば
9.ジプシー
10.木の馬
11.トムズ・ダイナー

 Suzanne Vega(スザンヌ・ヴェガ)も、以前テレビでアメリカのガールポップのドキュメンタリー(フジテレビ系の「世界組TV」)を見て、気になっていた。
 「トムズ・ダイナー」は、昔(私が小学生くらいの頃だから1980年代)にテレビCMで流れていたのを覚えている。

The Beatles『A Hard Day's Night』(Capital) Amazon.co.jp@TOWER.JP
1.A Hard Day's Night.
2.I Should Have Known Better
3.If I Fell
4.I'm Happy Just To Dance With You
5.And I Love Her
6.Tell Me Why
7.Can't Buy Me Love
8.Any Time At All
9.I'll Cry Instead
10.Things We Said Today
11.When I Get Home
12.You Can't Do That
13.I'll Be Back

 そしてまたビートルズのCDを1枚。

●ディスクユニオン 神保町店

高田渡『石』(キングレコード)  Amazon.co.jp@TOWER.JP
1.ひまわり
2.夜の灯
3.私は私よ
4.ものもらい
5.私の青空(MY BLUE HEAVEN)
6.石
7.いつになったら
8.丘を越えて
9.当世平和節
10.正午
11.火吹竹

 そしてまた高田渡のCDを1枚。

●ヴィレッジヴァンガード お茶の水店

SEXY-SYNTHESIZER『SEXY-SYNTHESIZER PRESENTS FUNKY-BIT』(ポニーキャニオン)  Amazon.co.jp@TOWER.JP

1.OVERTURE
2.BRAZILIAN RHYME
3.YOU CAN'T HURRY LOVE
4.I FEEL LOVE
5.GENIUS OF LOVE
6.GOT TO BE REAL
7.WALKING ON SUNSHINE
8.HUMAN NATURE
9.CAN'T GIVE YOU ANYTHING(BUT MY LOVE)
10.DREAMGIRLS
11.THE WHISTLE SONG
12.CALLING ME

 SEXY-SYNTHESIZER(セクシーシンセサイザー)の新譜が出ているのを知って(いちコーナーのBGMになっていた)購入。今回は洋楽をチップチューンでカバー。
 チップチューンによるカバー曲には食傷気味ですが(J-POPやアニメソングのカバーは勘弁して欲しいくらいにリリースされている)、このCDは選曲の妙とSEXY-SYNTHESIZERのアルバムということで購入。

カラスヤサトシ『カラスヤサトシ』(講談社アフタヌーンKC) Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

カラスヤサトシ『カラスヤサトシ 2』(講談社アフタヌーンKC) Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

カラスヤサトシ『萌道』 (竹書房バンブー・コミックス)  Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

 ヴィレッジヴァンガードで欲しかったマンガというのは、カラスヤサトシさんのマンガ。『カラスヤサトシ 3』は読んでいて面白くて、他の作品も気になっていたけれど、なぜか手が出なかった。
 しかし、先日『おのぼり物語』を読んで、もう一段階踏み込んだファンになって、とりあえず今持っていない本を全部買ってきた。それくらい、『おのぼり物語』には力がある。

 そして帰ってきたら、注文していた下記の本が届いていた。

オンライン書店bk1より

とよ田 みのる『FLIP−FLAP』(2008.6・講談社アフタヌーンKC・ISBN : 978-4-06-314513-7)  オンライン書店bk1

 『ラブロマ』のとよ田みのるさんの最新作。『ラブロマ』もちょっと変わった高校生のラブコメだったが、今回はピンボールがテーマのラブコメらしい。

片山 ユキヲ『空色動画 1』(2008.04・講談社シリウスKC・ISBN : 978-4-06-373113-2) オンライン書店bk1

 とよ田みのるさんのwebサイトで紹介されていたマンガ。女子高校生がアニメーションをつくる面白さに魅了されて、という話。
 とはいえ、タイトルに「空色」とあるように、カラッとしていてさわやか。主人公が三人いて、一人は内気なマンガ・アニメーション好きなのだが、他二人はハイテンションな帰国子女と、バンドでベースを弾くロックな子という組み合わせも珍しい。
 そして周囲の友達も、今どきの普通の女子高生が、三人の描くアニメ(パラパラマンガ)の面白さに夢中になる。

 この設定だから、アニメーションの持つ魅力がはっきりと感じられる。

クリストファー・プリースト著・安田 均訳『逆転世界』(1996.5・創元SF文庫・ISBN : 4-488-65503-3) オンライン書店bk1

 移動する巨大都市の中で生まれ育った主人公が、成人しはじめて外の世界に出る。するとそこは、という話らしい。
 この設定で買うのを決める。万が一「出オチ」(設定だけ面白い)小説だったとしても、それはそれで構わない。

▲ページの一番上へ

2008.09.24(水)

080927tvbros雑誌『テレビブロス 2008年9月27日号』

 印象的だった部分を。

●投稿コーナー「ピピピクラブ」(読者からのテレビへのツッコミ)の拡大版で、「ピピピクラブ トレンドワード大百科」という、コーナーに良く登場する言葉を載せたページが。これは結構面白かったです。『テレビブロス』の意地の悪さが出ていて。

●「おはようお姉さん」の、「ブロスイチオシ!朝のお姉さん名鑑」って、とりあえずセントフォース所属のアナウンサーを紹介しましたという雰囲気が漂う安易さ。

●新ドラマ特集「コンセント・ラヴ」は、ドラマ紹介はどうでもよかったけれど、コンセント紹介はちょっと面白かった。プラグとコンセントに目をつけたキャラクターとか、コンセントで模型を作ったりとか。

●「ミニ番組」(番組と番組の間に放送される番組)特集も面白かったなあ。『テレビブロス』は、こういう「テレビ雑誌界のすきま産業」的な特集をやるとうまいなあ。
 ミニ番組って、CMの放送時間を獲得するために考えられたものだったんですね。詳しい説明は省略するが、60分番組では6分CMが流せるが、54分番組+6分番組にすると7.4分CMが流せるという規則がある。

●音楽コーナーで紹介されていた下記のCDが気になる。「ロボ声」とコーラスユニットによるボサノバ。
Pecombo:http://www.pecombo.jp/
TOSHIYUKI YASUDA:http://www.ysd-to.com/

AUTUMN SESSION...
AUTUMN SESSION...
posted with amazlet at 08.09.24
PECOMBO+TOSHIYUKI YASUDA
MEGADOLLY (2008-09-06)
売り上げランキング: 5498

 

●上のCDはサラーム海上さんレビューですが、同じくサラームさんの紹介と思われる記事が音楽コーナーに(ただし無記名。サラームさんも青木さんみたいに「(海)ですが」と書いてくれると嬉しいのですが)。ちょっと気になるライブ。
::::: conversation | ザキール・フセイン&マスターズ・オブ・パーカッション | Zakir Hussain & Masters Of Percussion:
http://www.conversation.co.jp/schedule/zakirhussain_mop/

●音楽コーナーといえば、少し前の号でHIPHOPレビューの升本徹さんが、井上由紀子さんのレビューをディスったことがありましたが、井上さんは黙殺するようです。升本さんは今号のレビューのタイトルも「やっぱメインストリームがメタあちぃぜ!」と、こだわっている模様ですが、井上さんはnujabes(ヌジャベス)を初めて知ったけれど良かったとかのんきに書いてるし。

●映画コーナーで紹介されている『僕らのミライへ逆回転』、『ゲットスマート』、どちらも気になります。
・10月11日公開 映画「僕らのミライへ逆回転」公式サイト http://www.gyakukaiten.jp/
・ゲット スマート http://wwws.warnerbros.co.jp/getsmart/

●DVD『週刊真木よう子』の広告が載っていて、これが気になる。なぜみんな真木よう子さんに言及したがるのかがちょっと分かった気がする。

週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕
キングレコード (2008-09-26)
売り上げランキング: 169

 

●「タモリのボキャブラ天国」が、9/28に特番として復活して放送されるそうです。
 なんだか、「やめときゃよかったのに」という番組になっていそうな予感がぷんぷんします。

●川勝正幸さんのコラムで、「ムー一族」のDVD-BOXが取り上げられている。気になります。

ムー一族 DVD-BOX 1
ムー一族 DVD-BOX 1
posted with amazlet at 08.09.24
TCエンタテインメント (2008-09-03)
売り上げランキング: 2048

 

ムー一族 DVD-BOX 2

ムー一族 DVD-BOX 2
posted with amazlet at 08.09.24
TCエンタテインメント (2008-10-03)
売り上げランキング: 1307

 

●一瀬大志さんの「男子システム青春白書」。日本の(東京の)メジャーな観光地や、日本人には日常的過ぎて意識しない場所や店を外国人の観光客が楽しんでいるという話。

●世界のニュースを紹介する「WORLD Bros.」って、あまり面白い記事がなかったのだが、ニューヨークでのミュージカル『RENT』にまつわる話は興味深かった。しかもちゃんといい話だし。
 下記の日本での公演の紹介ページでも、このミュージカルについてのおおよそのことは分かります。
・シアタークリエ「RENT」:http://www.tohostage.com/rent/


編集部からこんにちは

のっく〜のっく〜なにぬねの〜っく〜!(『いってみようやってみよう』のテーマで)。ブロスにのっくこと野久保直樹がやってきた〜。ピピピクラブSPではそんなのっくこと野久保直樹インタビューほか、TVネタ多数。そう、今号はドドーンと増ページでテレビについて私達、一生懸命考えてみました!その他に、綺麗なお姉さんは好きですか?朝のお姉さん特集。約10分弱につまった熱い魂を感じざるを得ない「ミニ番組」特集。地方色豊か過ぎ!?なローカル番組特集。さらにさらに、お待たせ秋の新ドラマ特集と、これでもか!ってくらいテレビ。テレビがつまらなくなった〜と言う前に、どうか今号のブロスを読んでみて下さい。宜しくお願いします。

最新号
2008年9月27日号(2008年9月27日〜2008年10月10日)
2008年9月24日(水)発売 特別定価230円

■ピピピクラブSP
がんばれのっくSP 野久保直樹インタビューや、注目の猫・まーご特集、民放に映ったラストおっぱい(映画除く)などTVネタ多数。
■おはようお姉さん
『Oha!4』などで活躍する中田有紀さん密着取材をはじめ、ブロスイチオシの朝のお姉さんを取り揃えてみました。
■秋ドラマにビリリッと迫る!! コンセント・ラヴ
月9ドラマ『イノセント・ラブ』にちなんで、コンセントネタを・・・異論は受けつけません。秋の新ドラ情報は普通に満載。
■魅惑のミニ枠「ミニ番組」
『馬の王子様』(フジテレビ系 毎週木曜午後9:54〜10:00)主演・細川茂樹インタビュー他、コアなミニ番組情報多数。

(出版社の紹介ページより)

▲ページの一番上へ

2008.09.26(金)

akasaka_Sacas01

 仕事は休みだったが、所用があり四谷へ。帰りに赤坂まで歩いてみる。
 赤坂サカスにも行く。しかし、赤坂BLITZなどの劇場がメインで、ショップも飲食店がほとんど。個人的には、あまり買い物に行く場所ではないと思った。

akasaka_Sacas03  akasaka_Sacas02

 サカスから少し南に行ったところにある、九州じゃんがらああめんの赤坂店でラーメンを食べて帰ってくる。
 帰りに近所の書店に寄ったら、吾妻ひでお先生の新刊が出ていたので買ってくる。

うつうつひでお日記 その後 吾妻 ひでお『うつうつひでお日記 その後』(2008年9月・角川グループパブリッシング) Amazon.co.jpオンライン書店bk1楽天ブックス

 『うつうつひでお日記』の続編。2006年12月から2008年3月までの日記。公式サイトに掲載されているもの(ただしバックナンバーは公開されていない)。

 『うつうつひでお日記』とは異なり、マンガではない。文章とイラスト。絵日記みたいな感じ。後半は、イラストの比率も多いし、半ページくらいのマンガも少しある。
 内容は、吾妻先生の食事、本やテレビの感想。イラストは女の子の絵が中心。吾妻先生に興味がないとなにが面白いか分からないかもしれないが、私には面白い。

▲ページの一番上へ

2008.09.27(土)

 仕事は休み。夜、青山の月見ル君想フにライブを見に行く。その感想は下記で。

[ライブ]月見ル君想フ4thANNIVERSARY前夜祭「ロボピッチャー東京コントロール復活祭!」@東京・青山 月見ル君想フ(出演:マーガレットズロース・ ロボピッチャー) 

 その前に、渋谷のタワーレコードへ行く。あまり時間がなかったので、とりあえず欲しいCDを買ってくる。

タワーレコード渋谷店にて

V.A.『くさまくら』(OMCX-1208)  @TOWER.JP

1.祝付け/中村瑞希
2.カネ・レン・レン/OKI
3.アメンボ/素
4.豊年節/中孝介
5.イン・ウォークド・バド/梅津和時
6.ヨイスラ節/牧岡奈美
7.厳山/桃梨
8.YK※OPUS07/ASTERISK
9.丸竹夷(京都地口歌)/深川和美
10.徳ぬさみ岳節/マリカミズキ
11.マイ・フェイバリット・シングス/ちんどんブラス金魚
12.キッチン・レア・リズム/日比谷カタン
13.KAZE/レイ&マイア
14.シャンソンメニエ/かぼちゃ商会
15.オルガ/戸川昌子
16.おいしい水/エルナ・フェルガ〜モ
17.マドモアゼル!/ロマネスク
18.今夜は幸せ/かぼちゃ商会
19.ウオサー/OKI

 民謡など、日本の伝統音楽、そしてそれらの音楽をバックボーンとする日本のポップミュージックを収録したコンピレーション。
 下のサイトで試聴したら、想像以上に良かったので、買ってくる(試聴は@TOWER.JPでも可能)。

SARAVAH _ Kusamakura(フランス語・音出ます)
http://www.saravah.fr/TEST/KUS/

LOVE LOVE LOVE『ターコイズ』(ASCM-6026) @TOWER.JP
1.空はキレイさ
2.いいじゃないか
3.サイダー
4.フレタイフレタイ
5.1.2.3
6.孤独死キング

 LOVE LOVE LOVEは元々前田栄達さんがプロデュースして、スプリットアルバムなんかも出していたバンド。このアルバムから独り立ちしてということらしい。アミューズソフトからリリースされているので、メジャーデビューということだろうか。

I Am Robot And Proud『UPHILL CITY』(YOUTH-058X)@TOWER.JPAmazon.co.jp
1.something to write home about
2.uphill city
3.making a case for magic
4.the melt
5.401 circuit
6.island life
7.storm of the century
8.the risk
9.song for two wheels
10.train station lullaby
11.train dream #1
12.train dream #2

 I Am Robot And Proudの4枚目のアルバムがリリースされたので買ってくる。私は前作を全然知らずに試聴して、エレクトロニカらしいリズムと、印象的なメロディーに惹かれて買って以来のファン。


 それから、ライブに出演したバンドの演奏がよかったので、一枚物販でCDを買う。

月見ル君想フにて

マーガレットズロース『DO DO DO』(OFN-001) @TOWER.JP

1.ここでうたえ
2.こんなふうにやっています
3.石鹸
4.あたらしい絵
5.どどど
6.なんて素晴らしいくりかえしなんだ
7.タクシーブルース
8.きみが来るまえに
9.オールドユアブルース
10.馬鹿一

 ライブでは一曲一曲にボリュームがあり、歌の部分も間奏も比較的長く、私はあまり聴いたことのないタイプのバンドで、聴いているとなんとなくプログレっぽい。激しめの演奏でもうるさくなくて、面白かった。

▲ページの一番上へ

「古本日記」目次へ戻る

木の葉燃朗のがらくた書斎 >> 燃朗のがらくた古本日記 >>2008年9月

inserted by FC2 system